学校の良しあしは先生によって決まる
Navigation

学校の良しあしは先生によって決まる

学校の良しあしは、先生によって決まると思いませんか?しっかりと自分の教育理念がある先生だと安心して子どもを任せられますが、先生の気分によって言うことが変わる。理不尽に怒る、怒って授業を取りやめる。そんなことがあってもいいんでしょうか?

授業単位って決まっていると思うんです。なのに、先生が怒ったから授業を飛ばすなんてあっていいことではないと思うのです。本当に子どもが悪いことしたならどうぞ叱ってくださいという親が帆飛んででしょうが、子どもの気持ちもわかっていない先生に叱ってもらいたくない。最近は、モンスターペアレントなんて非常識な親もいるようですが、先生もひどい先生がいます。親は、モンスターペアレントと言われるんじゃないかとギリギリまでは我慢していることが多いです。そういう親の気持ちも汲んでもらい、もう少し先生という立場を理解して、子どもの気持ちに寄り添い、子どもの良いところを伸ばしてもらいたいものです。決して気分で叱ることのないよう、そして子どもの良いところを見つけてもらいたいですね。先生に苦情を言っても、なかなか聞いてもらえず、改善もない学校が多いようです。結局そのような先生の塊なのでしょう。

話題の学校。ネットならここで情報収集しましょう☆